• 0880-88-0301
  • 空室検索
  • プラン一覧
足摺テルメスタッフブログ

マヤ文明と四国最南端”足摺岬”

投稿日:2015年2月16日

チェチェン・イッツア
1988年に世界遺産に登録された、マヤ文明の遺跡。
 
その中に、マヤの最高神 “ククルカン”を祀ることから「ククルカンの神殿」と呼ばれるピラミッドがあります。別名「暦のピラミッド」とも呼ばれています。
大きな9段の階層、4面に91段の急な階段と最上段には真四角の神殿。
階段の数は、4面の91段を合計し364段。最上段の神殿の1段を足すと365段。
一つの面の9段の階層は階段で分断され18層からなり、これらはマヤ文明の1年(18ヶ月 365日)を表しています。
 
北面の階段の最下段にククルカンの頭部の彫刻があり、春分の日 ・秋分の日の太陽が沈む時、ピラミッドは真西から照らされ、階段の西側にククルカンの胴体が現れる。

 
トオルマの夕日 四国 高知 足摺 パワースポット

【マヤの最高神 “ククルカン”を祀るピラミッド “カスティーヨ”】

トオルマの夕日 四国 高知 足摺 パワースポット

【北面の階段の最下段にはククルカンの頭部の彫刻があり、春分の日・秋分の日の太陽が沈む時
ピラミッドは真西から照らされ階段の西側にククルカンの胴体が現れる】

 

ここ、高知県足摺岬にも全く同じコンセプトの神秘的な現象が起こります。

トオルマの夕日

春分の日・秋分の日の太陽が沈む時、洞窟の中を通り抜ける一筋の黄金の光が現れる。
 
 
トオルマの夕日 四国 高知 足摺

【”トオルマの夕日” 年に2回、春分・秋分の日の前後5日間のみ現れる神秘現象】

 

……………………………………………………………

トオルマの夕日

鑑賞時期:3月16日〜25日 / 9月18日〜27日

住所:高知県土佐清水市足摺岬大戸

URL:http://www.terume.com/tour/toruma.html

……………………………………………………………